外国語な一日

外国語の勉強とか、教育のこととか

国語と英語は、受験科目の要

この前の記事では

英語と国語が一番大事

って話をしました。

 

今日は、その理由ですね。

 

まずわかりやすい理由を言うと

 

センター試験・個別試験でも配点が高い。

・文理関わらず、この2つが受験科目になる。

 

一番目はいいですよね。

 

センターなら、200点ずつで400点。

 

ここを落としたら

大惨事ですよ。

 

・文理関わらず、この2つが受験科目になる。

 

二つ目は意外かもしれないけど

レベルの高い大学は大体そうです。

 

国立なら

少なくとも

センター試験は、5教科7科目。

 

2次試験とかは

英国と、文系教科or 理系教科

って言う感じですね。

 

なので、

受験科目の中で

国語と英語は要なんですよ。

 

で、最初に行った通り

この2つはわかりやすい理由です。

 

これを読んでる、

意識の高い高校生なら

学校の先生とか先輩から聞いてるかもしれない。

 

でも、

そんなこと言ったら

 

数学だってⅠA、ⅡBで200点じゃん

理科も2つで200点じゃん

 

とか思うよね。

 

そう、

この2つはわかりやすい。

 

けれども

国語と英語が重要な理由があるんだ。

 

それこそ

他の科目よりも

優先して勉強した方がいい理由がね。

 

[続く]

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録

 

言語力は底力

勉強を教えていると

よく聞かれる質問が

 

「どの教科から勉強したらいいですか?」

 

です。

 

大学生だと

 

「英語の勉強には、どの参考書がいいですか?」

 

なんですけどね。

 

今日の内容は

受験生向けですけど

大学生にも効くはずです。

 

結論から言うと

まず勉強すべきなのは

 

国語と英語

です。

 

これは、

文系・理系関係ないです。

 

国語も英語も

言語ですが

まさに、言語力は底力で

この2つの科目ができていないと

話にならないんですね。

 

ちなみに

受験が終わった後の

大学生生活・社会人生活でも

この2つがないと話になりません。

 

明日からは

なんで、この2つが重要か

お話ししていきます。

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録

 

広告を非表示にする

5教科7科目の底力

トランプさんは

苦しい人々の不満を代弁しました。

 

だからこそ

多くの人が投票したわけですが。

 

でも、

彼には具体的な策がなかったんです。

 

どうやって仕事を増やそう。

どうやって教育費を増やそう。

どうやって医療費をまかなおう。

 

具体的な方法がないのに

 

「俺が大統領になったら全て解決する!」

 

って言い切って選挙活動をした。

 

そこだけを聞いて

信じた人が投票をした。

 

ここが

「複合的に物事を捉える力」

が必要だったんですね。

 

ほんとだったら

トランプさんの言葉と

その言葉が本当なのか

 っていうことを確かめなきゃいけなかった。

 

でも

それができなかった。

 

「複合的に物事を捉える力」

 

きくと難しそうだけど

入試に向けていろんな科目を

勉強する中で身につくんですよ。

 

国公立受験で

5教科7科目を受けるなんてまさにこれ。

 

いろんな科目を勉強する中で

たくさんの視点を学ぶことができる。

 

結局

今みたいに、情報がたくさんある中だと

正しい情報を見定めないといけない。

 

そのためにも

受験勉強はしっかりとやったほうがいいですね。

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録

広告を非表示にする

受験勉強とトランプ大統領

さて

 

受験勉強を通じて身につく力

 

ということで昨日からの続きです。

 

少し話それますけど

トランプさんが大統領に就任しましたね。

 

かなり話題になりましたけど

なんであの人が当選したんでしょうか。

 

はっきり言って

政治家としては未知数すぎます。

 

いい方に行くかも

悪い方に行くかもわからない。

 

けれども

多くのアメリカ国民が

彼に投票した。

 

なぜか?

 

一言で言えば

 

「物事を複合的に捉える力」

 

がなかったからなんですね。

 

この

「物事を複合的に捉える力」

が受験勉強で身につく力なんです。

 

もっと簡単いうと

「相手の言葉の嘘・適当なところ」

に気付ける力、っていうことです。

 

トランプさんの作戦は単純で

アメリカ人の不満を表に出してあげて

わかりやすい言葉で不満のはけ口になってくれた。

 

・仕事がない

・お金がなくて教育が受けられない

・病院にもいけない

 

そういう悲痛な声を拾って

過激な言葉で、苦しい人々の

不満をうまく刺激しました。

 

ここまでは、まあ

いいんですね。

 

他人の苦しみを理解するのは

人を救うための第一歩ですから。

 

でもここから先がひどかったんです。

 

トランプさんも。

彼に投票した人も。

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録

大学受験が支える、受験生の未来

いつも

中途半端なところで

記事を書き終えてますが

続きは、ブログで書くこともあるし

メルマガでお伝えしてることも。

 

ちゃんと教えてくれーって方は

EDUCATUION FREE:登録

からメルマガ登録してください。

 

で、今日も

前日の記事とは全く関係なく

話を進めますw

すんません。

 

でも受験に関わることなので

ご心配なく。

 

普段は基本

日本の今の受験制度には大反対です。

 

・落ちこぼれを作りやすい

・暗記至上主義

・学校の教育が受験対策を重視するようになる

・塾の指導と学校の指導が一致する

・生徒の卒業後を見据える教育を想定していない

などなど

 

ザーッと上げるだけでも

問題点は山積みなのです。

 

が、利点がないわけではない。

 

むしろこの利点が生徒の将来を

大きく支えているとさえ考えています。

 

受験勉強を通じて

身につくもの。

 

さて受験勉強の何が

受験生の未来を支えているのでしょうか。

 

<続く>

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録

才能の多様性

昨日の記事に続いて。

 

結局言いたいのは

人間の才能は1通りじゃないってこと。

 

100mを10秒で走れるのも才能。

定期テストでいい点取れるのも才能。

歌が上手いのも才能。

 

で、もっと大事なのは

人間は1つしか才能がないわではなくて

いろんな才能をいろんな割合で持ってること。

 

ここら辺は↓の記事が詳しい。

http://ssbrain.com/tomoe/mal.html

 

少し引用しておくと

 

____________

従来、頭の良い人とは言語的知性や論理数学的知性が優れている人のみをさしていましたが、認知心理学の権威であるハワード ガードナー教授は、このような考え方を、人間の能力というものをあまりにも狭く捉え限定してしまっていると指摘しています。
知性とは1種類だけでなく8つの独立した知性が重なって働いているとされます。つまり、頭が良いとは、8つの知性がうまく機能している状態をいいます。そして、どの知性が優れているかは、各個人により差があるのが特徴です。

____________

 

つまり、暗記できたり

点数いいだけが才能じゃないよ、

ってことです。

 

昔は IQ っていう数値を基準に

頭のよさを決めてたんですが

それって時代遅れだよね

って言ったのが、ガードナー教授です。

 

そして

ここからが一番大事なんですけど

受験の偏差値あげるためには

暗記とか点数にこだわってるとダメなんです。

 

[続く]

 

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

 EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録

 

広告を非表示にする

頭の良さ=暗記力?

タイトルの通り。

 

ほんと、

ここに疑問をいつも

投げかけたい。

 

日本の教育が最悪で

どうしようもないと

思ってるわけではない。

 

いや、ほんといいところあるよ

 

まず、

日本にいる人は必ず、ただで

小中学校に通える。

 

これはかなりすごいこと。

 

でも、

数少ない文句というか

問題点をいうなら、

タイトルの通り。

 

テスト、入試、評価

 

この3つは残念なことに

生徒の暗記力しか見ていない。

 

いや厳密にいうと

暗記力さえあれば

満点の結果が手に入ってしまう。

 

ほんとは違うんだよね。

 

何が違うかっていうと

勉強の仕方が。

 

はっきり言って

暗記力だけで通用するのは

ほとんどの人が高校受験まで。

 

大学受験で暗記力だけで

挑もうとするとすぐに挫折する。

 

そもそも量が多いから。

 

あと内容が複雑だから。

 

そして、何より暗記してるだけじゃ

解けないような問題が出てくるから。

 

だから

中学生のうちから

勉強方法を変えないといけない。

 

もちろん高校生からでも遅くない。

 

むしろ自分のスクールは

高2からでも取り組める。

 

で、

その勉強方法を考えるときに重要なのが

 

マルチプル・インテリジェンス

 

次の記事はこれについて

もう少しくわしてく見ていきます。

 

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

 EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録

 

 

 

 

 

広告を非表示にする