外国語な一日

外国語の勉強とか、教育のこととか

偏差値の高さ=才能?

前の記事では

塾のことを話しました。

 

成績あがんない塾なら

いく価値ないって話です。

 

川上は大学生の時に

個別塾でも集団塾でも

いろんな生徒を見てきました。

 

生徒もいろいろなので

偏差値が高い子もいれば

そんなの関係なくダンスがめっちゃ上手くて

世界目指すような子もいました。

 

もちろん塾なので

彼らの成績をあげないと

いけないわけですが。

 

受験生の場合は

学校の成績だけでなく

入試のための偏差値も

意識しないといけません。

 

塾では受験の過去問とか

テストで点を取るための

テクニックを教えるんですけど

不思議なことに、

偏差値が伸びること

伸びない子が生まれます。

 

何が不思議かというと

どの子にも同じように教えてるのに

同じようには偏差値が上がらないことです。

 

ここまで聞くと

 

「勉強って結局才能でしょ」

 

っていうかもしれません。

 

でも、

自分でもかなり衝撃を受けたんですが

学校でいつも5番以内に入っているような

いわゆる頭のいい優等生でも

3年生になって偏差値が上がらないことがあります。

 

実は

偏差値を上げるために必要なことって

成績に良さとか、才能とかじゃないんです。

 

[続く]

 

_______________

ブログの内容よりも

詳しいことをメルマガでお知らせしてます。

 EDUCATUION FREE:登録

 

勉強のアドバイスや相談も

いつも受け付けています。

 

・受験生だけど、志望校にどうしても合格したい。

・受験生じゃないけど、何を勉強したらいいかわからない。

・将来の夢を叶えたいけど、どうすればいいかわからない。

定期テストの点数が上がらない。

 

そんな人からのご連絡

まっています。

 ↓

 EDUCATUION FREE:登録